GBC-A12Xシュレッダーの外観写真です

GBC-A12Xシュレッダーの概要について説明します。

 

実物の写真で説明したほうがイメージがつかみやすいと思います。

 

本体上部
note3

 

”手前に横に広がっているスリットが紙の挿入口”で、A4の紙を差し込んだ状態です。
note3

 

”CDやDVD、カードの処理する部分の拡大”で、カードの挿入口と、CDまたはDVDの挿入口は別になっています。
note3

 

カードは、2つの▼印の下にあいているスロットに挿入します。
note3

 

CDやDVDは、まず、手前側のプラスチックのふたを指で起こします。ふたを起こすと、手前側にCD,DVDの挿入口が使えるようになります。
note3

 

その挿入口にCDを差し込んだ状態です。
note3

 

このように紙/CD・DVD/カードの処理部分がコンパクトにまとめられています。

 

 

 

処理された紙やプラスチックの断片を収容するための入れ物、”ダストボックス(ごみ容器)”についても説明します。

 

ダストボックスを本体から引き抜いた状態。引き出し式になっています。内部にさらに小さなダストボックスが収まっています。
note3

 

ダストボックスを上から見た状態
note3

 

内部の小さなダストボックスは、CD/DVD/カードくず専用です。これで、紙屑とプラスチックくずが分別できます。
note3

 

紙の処理だけをする場合は、これを取り外して使ったほうが、少しでもたくさん紙くずを収められます。

 

この次は、実際の家庭用電動シュレッダー選びのカテゴリへ移ります。
⇒つぎは”おすすめの電動シュレッダー”のカテゴリへ

 

既にシュレッダーを使っている方へは、メンテナンスのカテゴリへどうぞ。
⇒つぎは”シュレッダーのメンテナンスあれこれ”のカテゴリへ

スポンサーリンク


ブログパーツUL5